三菱ケミカルホールディングスグループ

メニュー
  • English
  • 中文
  • 03-3262-2431
  • 経費削減シミュレーション
  • お問い合わせ
  • セミナー・展示会申込

医療法人咸宜会 日田中央病院様(大分県)

日田市と「災害時における協定書」を締結されました。

成功事例

  • 災害協定締結
  • BCP
  • CSR
  • 安全・安心

透析患者を多く抱えていらっしゃるこちらの病院では、日田市と「災害時における協定書」を締結されました。導入のきっかけは“震災からの教訓”でした。

日田中央病院様が当社システムをご検討頂いたのは、阪神・淡路大震災や東日本大震災での教訓からだったそうです。
同病院様は透析患者を多く抱えていらっしゃいます。断水に備えた水道ライフラインの強化を目的とし、災害時にも「患者様を守る」体制を整えるため、当社システムをご導入いただきました。
また、2012年2月、近隣住民の方々にも飲料水をご提供いただくために、日田市と「災害時における協定書」を締結されました。

【協定書の概要】
導入させて頂いたシステムは、1日約80㎥の飲料水を供給できます。一方、病院で1日に利用する水は約40㎥。災害時に水道が断水した場合、災害により病院の使用水量が50㎥に増えたとしても、余剰分である30㎥=約1万人分の飲料水を無償で近隣住民に供給していただくための協定書となっています。

営業担当より

日田中央病院様が、初めて経済メリット無しで導入頂いたお客様です。

 私はこれまで数多くの施設へ弊社システムを納めてまいりましたが、日田中央病院様が、初めて経済メリット無しで導入頂いたお客様です。
日田中央病院様は、東日本大震災において“水”がないために、透析が出来なかった病院が多数あることを切実な問題として受け止められ、経済メリットは考慮されず、断水対策設備として導入されました。
また、水量も豊富であったことから、近隣住民にもこの水を災害等の断水時に提供したいという思いから、日田市と災害協定を締結されました。
今後も地域社会への貢献という理念に共感しながら、少しでもお役に立てる様に尽力します。

サービスに関するお問い合わせ
資料請求はこちら

お気軽にお問い合わせください!