三菱ケミカルアクア・ソリューションズ株式会社

メニュー
  • ウェルシィ事業部直通03-3262-2431
  • 経費削減シミュレーション
  • お問い合わせ
  • セミナー・展示会申込

三菱マテリアル株式会社 九州工場様(福岡県)

工業用水の余剰水を有効活用のため飲料化することで、 水道経費の約20%削減に成功

成功事例

  • BCP
  • コスト削減(病院など)

三菱マテリアル株式会社 九州工場様では、経費削減並びに災害時においても水のライフラインを確保する見地等から工業用水膜ろ過処理・飲料化システムをご導入いただきました。

三菱マテリアル九州工場様は北九州の周防灘に位置する国際貿易港の苅田港に面して立地しており、国内最大生産能力を誇る臨海セメント工場です。単一工場で国内全メーカーの約10%に相当する日本最大のセメント生産能力を誇っています。
 
工場内のコスト削減の取り組みの中で、余剰分の工業用水を有効活用する工業用水膜ろ過処理・飲料化システムをご提案し、ご導入いただきました。当時、日量6,000㎥の工業用水を契約していましたが、およそ20%程度は余剰となっており、場内で利用している上水道(日量200㎥程度)を十分賄える水量を確保できたことも導入に至った理由のひとつです。
ご検討いただく中で工場内の関係部署への説明と承認を得ることに時間がかかりましたが、工場の担当者様に一つ一つ対応をしていただくことができたため、進めることができました。「良いシステム過ぎて落とし穴があるのでは?」と関係部署の方に思われたことも、時間がかかった要因かもしれません。
導入後は毎年導入効果検証の報告をしておりますが、提案時の削減見込額およそ480万円に対して毎年700万円程の削減を達成しています。
 
また、本工場では上水道を直圧で利用していましたが、工業用水膜ろ過処理・飲料化システムご導入と一緒に100トンの受水槽も設置しました。
受水槽が新設されることで地震等による上水道の断水時にも受水槽が貯水タンクの役割を担うこととなり、工業用水膜ろ過処理・飲料化システム設置による二元給水体制の構築とあわせて、災害時の事業継続の強化にも繋がっています。
 

営業担当より

工場のご担当者様が社内で表彰されました。

ご検討の際には弊社にて行政関係の事前協議をサポートさせていただき、近隣の弊社導入先のプラント見学会を実施するなど、安心してご導入いただけるようご提案をさせていただきました。
 
工場のご担当者様からは、全工場を対象とした事例発表の中で「工業用水飲料化による上水コスト削減」というテーマで優秀賞を受賞することができたとの嬉しい声をいただくことができました。

導入効果を認めていただけたことで他工場へも提案をご紹介いただくなど、営業面でのご協力もいただくことができました。

関連事例と導入システムについて

三菱ケミカルアクア・ソリューションズ株式会社のウェルシィ事業部では、多くの工場の導入事例があり、さまざまなシーンでご活用いただいております。
地下水(井水)活用膜ろ過飲料化システムや工業用水膜ろ過処理・飲料化システムを主にご提供しており、井戸掘削(さく井)・井戸改修・ろ過塔などさまざまなサービスもご提案いたします。
掲載以外の事例もございますので、お気軽にお問い合わせください。


サービスに関する
お問い合わせ
資料請求はこちら

お気軽にお問い合わせください!

ウェルシィ事業部直通

03-6748-7484

経費削減シミュレーション

お問い合わせ