三菱ケミカルホールディングスグループ

メニュー
  • English
  • 中文
  • 03-3262-2431
  • 経費削減シミュレーション
  • お問い合わせ
  • セミナー・展示会申込

日野自動車株式会社 羽村工場様(東京都)

水のライフラインを確保する見地等から地下水膜ろ過システムをご導入いただきました。

成功事例

  • 災害協定締結
  • BCP
  • CSR
  • 経費削減

日野自動車株式会社 羽村工場様では、経費削減並びに災害時においても水のライフラインを確保する見地等から地下水膜ろ過飲料化システムをご導入いただきました。

 日野自動車羽村工場様では、経費削減並びに地震等の災害時においても水のライフラインを確保する見地等から、当社の地下水膜ろ過飲料化システムをご導入いただきました。製造能力は毎時19トンです。
災害時には工場や従業員の方々への給水だけではなく、近隣住民の方々にも給水ができるように、公道(産業道路)沿いに非常用給水蛇口が設置されています。
また、工場内に配置されている10トン給水車へは、システム給水栓から専用ホースで給水できるようになっています。
システムの水がシステムご導入先保有の給水車に専用ホースで接続し給水可能としたのは、当社900件以上(当時)の納入事例では今回が初めてとなります。

また、本システムには、停電時に備えて特別に井戸ポンプ稼働用、プラント稼働用に2機の非常用発電機を設置しています。
発電機用の燃料は、工場内軽油スタンドで最大7,000リットル分が確保されており、十分な危機対策が施されています。
2012年8月29日、本システム導入に伴い、災害時にろ過した地下水を飲料水として提供できる体制が整ったため、日野自動車株式会社羽村工場様と羽村市は「災害時応急活動等に関する協定」を締結されました。協定は、災害時における水道(井戸)の提供や10トン給水車の提供、燃料の一時貸与、重機、一時避難場所の提供、初期消火・救命活動への協力等が盛り込まれた内容となっています。

営業担当より

お客様の熱心な思いとご協力により、前向きに進めることができました。

 工場の敷地が大変広く、プラントから給水する受水槽までの配管の長さに始めは挫けそうにもなりましたが、お客様の熱心な思いとご協力により、前向きに進めることができました。
 また非常用給水蛇口や給水車への接続、発電機の設置についてはお客様とアイディアを出し合いながら決めていきました。展示会での出会いをきっかけにしてご提案を進めてまいりましたが、お客様と一緒に作り上げられたプラントだと思っています。
 プラント稼働式には工場長様、羽村市長様、地域自治体の方々にもご出席いただきました。総勢約50名の大規模な式の司会役を務めさせていただいたのも、私にとって非常に貴重で一生忘れられない経験になりました。
 今後は、メンテナンスに最善を尽くし、安全で安心な水の提供、コスト削減に貢献すると同時に、より多くのお客様とこのような関係を築いていきたいと思います。

サービスに関するお問い合わせ
資料請求はこちら

お気軽にお問い合わせください!