三菱ケミカルホールディングスグループ

メニュー
  • English
  • 中文
  • 03-3262-2431
  • 経費削減シミュレーション
  • お問い合わせ
  • セミナー・展示会申込

水質検査・水質分析・研究開発

最先端技術を支えるウェルシィの研究所

お客様のニーズに応え続けるため、2つの研究所を設け、水質検査から次世代の水処理技術
まで、幅広い分野での研究・開発をしています。

日本エコロジィ研究所

厚生労働省登録の水質検査機関

ウェルシィの日本エコロジィ研究所は、厚生労働省登録水質分析機関の水質検査部門として、水道法の定める基準を十分に満たす施設・設備を整え、迅速かつ正確な検査によりお客様の信頼をいただけるよう努めています。

ISO/IEC17025の認定取得

ISO/IEC17025とは、試験所や分析センターが認定分野について信頼性の高い検査結果を出す能力があることを認める国際規格です。日本エコロジィ研究所は、申請分野について公平・公正で適切な管理がなされていることに加え、十分な技術があり 正確な結果が出せる能力を備えていることが認められたことになります。

認定番号 ASNITE 0100 T
認定区分

化学製品/水/GC/MS(ガスクロマトグラフィー質量分析)

認定試験項目 クロロ酢酸、ジクロロ酢酸、トリクロロ酢酸、
ホルムアルデヒド(上水、原水)
認定試験方法
厚生労働省告示第261号

高い精度管理

  • ・ISOに準拠して、品質管理を行っています。
  • ・精度管理を定期的に実施して、高い精度の維持に努めています。
  • ・過去データとの比較をおこない、顧客管理を徹底しています。
  • ・お客様の技術相談に柔軟に対応いたします。

迅速な対応

  • ・飲料水の水質検査に特化した検査機関ならではの、迅速な検査が可能です。(最短4日)
  • ・検水受入れから結果書発行までをコンピュータ管理しており、迅速に検査結果をお届けします。
  • ・緊急のご依頼にも迅速に対応します。
正確な検査結果を最短4日でご報告

中央研究所

次世代型水処理技術の研究・開発

中央研究所は、次世代型水処理技術の研究・開発を最大のミッションとして、幅広い分野での新技術・新商品の研究・開発に取り組んでいます。また、大学・業界団体との共同研究を積極的に行っています。

基礎研究 素材開発 知財業務 応用研究

主要研究・開発項目

基礎研究主要項目
  • ・水質改善
  • ・活性炭吸着寿命シミュレーション
  • ・RO膜処理性能検証
  • ・酸性凝集条件に関する検証
  • ・微生物試験(バイオフィルム研究、生物活性炭研究等)
素材開発主要項目
  • ・活性汚泥担持用:αコード開発
応用研究主要項目
  • ・UF膜、RO膜の最適処理条件に関する研究
  • ・浸漬膜に関する研究
  • ・高効率アンモニア除去方法に関する研究
  • ・緊急災害時用浄水装置に関する研究

産学官との共同研究実績

■上海交通大学環境科学与工程学院
2005年
11月~
2006年
11月
  • ・地域分散型水道の現状と実施例の調査
  • ・流路式除鉄・除マンガン処理システムの開発
  • ・飲料水の水源水中に含まれるアンモニア態窒素の除去技術開発
■財団法人水道技術研究センター
2008年8月~
  • ・より安全で美味しい水道水に向けての方策に関する研究
  • ・水道における気候変動に関する研究
  • ・しなやかな浄水システムの構築に関する研究(J-Step)

サービスに関するお問い合わせ
資料請求はこちら

お気軽にお問い合わせください!

ISOISO

LINK

  • 三菱ケミカル三菱ケミカル
  • 三菱ケミカルアクア・ソリューション三菱ケミカルアクア・ソリューション
  • 三菱アクア・クリンスイ三菱アクア・クリンスイ